あるかしら書店・ヨシタケシンスケ(読書感想レビュー)

あるかしら書店・ヨシタケシンスケ(読書感想レビュー)

f:id:softcandy:20190530101601j:plain

 ヨシタケシンスケさんの絵本「もうぬげない」をタイトルに惹かれて読んだことがあります。

服が「もうぬげないかも!」と焦った記憶もあって、ヒヤヒヤしてベストセラーなのもわかる絵本でした。

もう ぬげない

もう ぬげない

 

そんなヨシタケシンスケさんの『あるかしら書店』も子供向けの絵本ですが、

大人が読んでも面白い!と絶賛している人が多かったので読んでみました。

こんな本はありませんか?とお客さんがやってきて、店主が「ありますよ」と本をすすめてくれるお話です。

あるかしら書店

あるかしら書店

 

読んでるうちに、子供の頃はこういう想像ををめぐらせたことがあったなぁ、と懐かしい記憶が甦りましたが、ふと、『あるかしら書店』に行って本をすすめてもらう、という接客スタイルを見て、そうやって本を買ったことってないなぁと思いました。

実際に手に取って最初だけ見て判断したり、Amazonで読んだ人のレビューを読んだり。

本屋さんにわざわざ行って買うのは、店員さんの手助けが欲しいとか、ラッピングして欲しいとか、本を買う行為以外の付加価値が今は必要な気がします。

 

すごく昔に、大型書店でポップに力をいれてる店員さんがいて、段々と「この人が勧めるなら買ってみるか」というくらい信頼したことがありました。

その店員さんのすすめる本は、ポップにあるように本当にどれも面白くハズレが無い。

でもある日、突然にポップが姿を消し、あからさまにその店員さんがいなくなったことがわかりました。

ポップだけでなく、本の売り場の配列や、細かい部分まで配慮が行き届いてると感じていた店内は、その店員さんがいなくなってから、売り場は適当で、コミックのシュリンクがきつく巻かれるようになり本も歪んでいて、買う気が失せてしばらくその書店に近づかなかったことがあります。

 

『あるかしら書店』くらいのこじんまりした個人の本屋さんで、お客さんとのコミュニケーションを大事にしているような本屋さんがあれば、かえってちょっと訪問したくなるんじゃないかなと思います。

実際、こじんまりとした本屋さんが増えてます。

マンションの一室を土日だけ開けてる本屋さんとか。 

そういうお店のスタイルにちょっと憧れます。

特殊な本屋と言えば、連想するのが映画『ノッティングヒルの恋人』の、主人公のウィリアム・タッカー(ヒュー・グラント)が営む旅行書専門の書店。

今どきそんな本屋さん流行らないよ!と思うのですが、世界一有名なスター女優アナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)がぶらりと店を訪れるのが面白いなと思います。

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (読書感想レビュー)

 上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか? (読書感想レビュー)

f:id:softcandy:20190522000551j:plain

上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』を読みました。

小笠原医師は介護保険制度がはじまる前から往診をされていて、がんの在宅看取り率95%を実践しています。

在宅で看取りをするとはどういうことか具体例を交えてわかりやすく説明しています。 

高齢化に伴い、在宅看取りが増加しています。

そのため従来の方法では不便が生じてきたため、かかりつけ医のシステムが改善されつつあります。

容態が安定していればモニター越しに診察を受けることが可能になり、診察を受けて24時間以内に死亡した場合は医師に死亡診断書を用意してもらえるようになりました。

今後、もっといろいろ変わってくると思います。

 タイトルの「ひとりで家で死ねますか?」について、できないことはないという印象ですが、小笠原先生のようなベテランのかかりつけ医がいることが前提です。

また、おひとりさまの場合、お金があればヘルパーや看護師を24時間体制でつけることも可能でしょうが、介護保険で賄える範囲になるとひとりきりでいる時間は長くなります。

意識が朦朧としたなかで、孤独な時間を過ごす。

これが実際どうなのか、本人になってみないとわからないとは思いますが、のどが渇いても水が飲めないとか、オムツが濡れたままとか、不便な状態になるはず。

ひとりで家で死ねるけど、ある程度の出費ができる人でないと快適に家で死ねないように感じました。

誰かが「死ぬのも大変よ」と言っていましたが、なかなかぴんぴんコロリ(直前まで元気で死ぬこと)は難しいみたいです。

映画ゴッドファーザーで、ゴッドファーザーが最期、菜園を孫と走っている最中に倒れてそのまま逝ってしまうのですが、あれは幸せな死に方なのだなとわかります。

現代の太宰治!?【読書】ここはおしまいの地・こだま(エッセイ)(感想レビュー)

【読書】ここはおしまいの地・こだま(エッセイ)(感想レビュー) 

f:id:softcandy:20190508122923j:plain

こだまさんのエッセイ『ここはおしまいの地』を読みました。

おしまいの地というのは、すごく田舎で終わってる土地、といような意味合いで使われています。 

こだまさんは実話小説『夫のちんぽが入らない』の著者です。

まぁ、この手の話は昔から、例えば映画ゴッドファーザーやセックスアンドザシティなどでも取り上げられてる問題ですが、日本人で実話に驚きを感じるとともに、入らない相手と結婚したことにも驚く小説だと思います。

ここは、おしまいの地

ここは、おしまいの地

 第34回「講談社エッセイ賞」受賞作品

街の耳鼻咽喉科の医者が「じゃあ明日また来てください」と言ったとき、こだまさんと母親は「気が遠くなった」とあります。(タイトル:雷おばさんの晩年)

バスに乗り、

列車を乗り継ぎ、

タクシーに乗ってようやく耳鼻咽喉科に辿り着く。

こだまさんが住んでいた実家は街から100㎞ほど離れたおしまいの地なのです。

 

日本むかし話を現代に置き換えたような、ちょっと不思議な感覚のエッセイ。

コミカルな比喩と読みやすい文章でぐいぐいと引き込まれますが、エッセイ全体に切なさが漂いつつも、どこか優しさに包まれています。

あとがきに、こだまさんが

「おしまいの地」は「おもしろの地」そう考えると閉ざされた集落や家族にも愛着が湧いてきた

と書いていて、彼女の複雑な思いが文章ににじみ出ていると感じました。

 

小学生のとき、顔にあるホクロと痣からあだ名をつけられ、こだまさんの学校生活に影を落とします。(タイトル:川本、またおまえか)

こださまさんは泣いてクラスの女子を味方につけるようなタイプではなく、隠秘する髪の分け目の研究に励んだり、努力をしちゃう人。

負けず嫌いとも言うか。

だからちょっと悲しいエピソードにも、どこか小さな希望と滑稽さが入り混じって面白い。

『川本、またおまえか』は思春期の切なさがたくさん詰まったエッセイでした。

 

興味深かったのは、こだまさんは実生活ではなかなか友達と呼べる人がいないようなんですが、ネット上で仲間ができ、やがて『文学フェア』という催しで同人誌を販売するようになったことです。

そもそも『文学フェア』があるのをはじめて知りました。

コミケの文学版と思ったらいいのかな?文学フェアは入場無料のところも多いよう。

その文学仲間から叱咤激励されて書き上げたのが実話小説『夫のちんぽが入らない』なのです。

こだまさんの入院生活を励ましたのも文学仲間。

いいエッセイだなと思いました。

実際、『ここはおしまいの地』は第 34 回講談社エッセイ賞(選考委員/岸本佐知子酒井順子東海林さだお坪内祐三・林 真理子)を受賞したのですから、著名な作家さんも認めるよいエッセイです。