軽量なランニング用ストレッチアウターシェル。リピ買い(4着目) TNFRスワローテイルベントフーディ(感想レビュー)

[ザノースフェイス]  TNFRスワローテイルベントフーディ (感想レビュー)NP21983

f:id:softcandy:20190705090928j:plain


画像参照 ノースフェイス 

耐久撥水加工を施した、軽量なランニング用ストレッチアウターシェル、ノースフェイスの『TNFRスワローテイルベントフーディ』を購入しました。

スワローテイルは今回で4着目のリピ買いジャケット。

着心地が良くて、薄手なのに防風性を備えていておすすめです!

夏の電車の冷房の寒さもこれで凌いでいます。

スワローテイルはほぼ毎年発売されるノースフェイス定番のジャケットです。

スタッフさんも購入されてて、カラーはNTニュートープを全員着用されてました。

今回、Amazonで安くなっていたので購入しました。

今は元値に戻ってしまいましたが、 Amazonのプライムデー(7月15日~)に再び安くなる可能性があるので「ほしいものリスト」に追加しといて何度もチエックするのがおすすめです。

 

TNFRスワローテイルベントフーディ詳細

THE NORTH FACE定番の軽量なウインドシェルとして、長年高い人気を誇るスワローテイルジャケットをシャープなデザインに落とし込んだウィンドブレーカーです。

素材は、撥水加工を施した、防風性と撥水性に優れる軽量ナイロン。

肌面は点接触の二重織で、汗ばんだ肌に生地がまとわりつく不快感を軽減します。

f:id:softcandy:20190705091849j:plain

画像参照 ノースフェイス 

背中と両脇に生地の切替えを利用したベンチレーションと、


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190705091820j:plain

画像参照 ノースフェイス 

通気のコントロールが可能なファスナー付きメッシュポケットを両サイドに装備。

f:id:softcandy:20190705091745j:plain

 

画像参照 ノースフェイス 

フード部分にはTNF RUNのグラフィックデザインを施し、

f:id:softcandy:20190705091910j:plain

画像参照 ノースフェイス 

携行性に優れるポケッタブル仕様で、日常のランニングや登山、キャンピングなど、さまざまなシーンで活躍します。

f:id:softcandy:20190705092008j:plain

商品型番:NP21983・¥18,360 税込

XL・着丈74、 身幅58、裄丈90、裾幅48、袖口幅10 

【Fabric】 Swallowtail Nylon Doubleweave with DWR(ナイロン100%)※(ZC)のみ(ナイロン83%、ポリエステル17%) 

【Function】 50洗3級耐久撥水/肌面に凹凸がある二重織素材/左右裾ファスナー付ベンチレーションポケット/背中・脇ベンチレーション 

 【Weight】 135g(Lサイズ)

 

TNFRスワローテイルベントフーディのサイズ感

f:id:softcandy:20190705092040j:plain

サイズはXLを購入しました。

中にポロシャツを着て、余裕をもって羽織れる感じのサイズです。

前回はMサイズを購入して、ちょっとパツパツ感がありました。

 

ジーンズ&カジュアル AXS SANSHINで 身長176㎝、体重60kgのモデルさんがMサイズを着用しています↓

 

f:id:softcandy:20190705093433j:plain

ファスナーの持ち手がなぜホワイトなんだー!
ブラックでいい。

 

f:id:softcandy:20190705094534j:plain

フロントダブルオープンファスナーは今期モデルの良いところです。

前回モデルにはありませんでした。

 

f:id:softcandy:20190705093833j:plain

袖(肘あたり)のノースフェイスの細ロゴはあまり見かけないタイプ。

 

f:id:softcandy:20190705093551j:plain

フードの文字はいらない。

しかし、ロゴはリフレクターになっている為、夜間のランニングの際の安全性を確保してくれます。

日々トレーニングしているランナーには便利かと。

ノースフェイスのスタッフは、ボトムにアーバンアクティブショーツを合わせていました。

 

f:id:softcandy:20190705093929j:plain

フードは被らなければ、ロゴはあまり目立たないですね。 

重量はLサイズで135g。

前回モデルは120gだったので15g重くなっています。

ポケッタブル仕様になってて、左側のファスナー付きポケットに詰める感じで畳みます。

旅行に上着を持って行こうか悩むときってありますが、TNFRスワローテイルベントフーディがあればすごく便利だと思います。

ザ・ノース・フェイス「Banchee 65」「Banchee 50」背中が涼しい登山用バックパック

ザ・ノース・フェイス「Banchee 65」「Banchee 50」背中が涼しい登山用バックパック

f:id:softcandy:20190505174233j:plain

画像参照:ノースフェイス

ザ・ノース・フェイスから背中が涼しい登山用バックパック「Banchee 65」「Banchee 50」が3月に発売されて気になっています。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190505174501j:plain

画像参照:ノースフェイス

背面のメッシュ構造がグレゴリーのズールに似ています。

ファッションがほぼノースフェイスなので、バックパックまでノースフェイスにしてしまうとオールノースフェイスコーディネートに!というのが気になるのですが、カラーリングがノースフェイスのほうが好みですとはいえ、オールブラックがベスト。

登山用バックパックは安全性も考慮されているので、どうしてもどこかに派手な色が使われてしまいますね。 

[グレゴリー] GREGORY ZULU40 ズール40 オゾンブラック M/L 1115907416

[グレゴリー] GREGORY ZULU40 ズール40 オゾンブラック M/L 1115907416

 

 

f:id:softcandy:20190505175412j:plain

画像参照:ノースフェイス

見れば見るほどズールとほぼ同じ機能を備えており、あとは背負い心地が気になるところ。

グレゴリーは荷物の重みをうまく分散してくれるので、ものすごく重くても案外大丈夫。

「Banchee 50」を実際に背負ってみたいです。

ただ容量が50って普段使いには大きいと思うので、そこがどうかな?

40を作って欲しい。 

f:id:softcandy:20190505175707j:plain

画像参照:ノースフェイス 

登山者には気になるバック内の構造は2気室にもアレンジ可能。

最近は1気室タイプが多いように思うので、好みにアレンジできるのはいいかも。

MV9202 エアーメッシュパネル M

MV9202 エアーメッシュパネル M

 

 

f:id:softcandy:20190505175520j:plain

画像参照:ノースフェイス

大きく開くJ型ジッパーは便利そう。

 


スポンサーリンク

f:id:softcandy:20190505175601j:plain

画像参照:ノースフェイス

小物入れも豊富。

 

f:id:softcandy:20190505175808j:plain

画像参照:ノースフェイス

「Banchee 65」のフロントはアタックザックとして使用可能!( ゚Д゚)

コアファイターかっ。

アタックザックとは山頂を目指すための、サブバッグです。

コインロッカーに本体を預けて、アタックザックで観光するという使い方もできますね。

でもアタックザックには水筒入れがついてなさそうなのが残念。

「Banchee 50」にはアタックザックとして使用可能な写真が掲載されてないんですが、写真を見ると取り外せそうに見えるんですよね。

アタックザックを取りはずすことができるなら本体は40くらいになるのかもしれない。 

 

f:id:softcandy:20190505180107j:plain

画像参照:ノースフェイス 

リフレクター(反射板)がついています。

以上、気になる背中が涼しい登山用バッグパックでした。

【ノースフェイス】ロゴ剥がれ、プリント修理を依頼してみた。修理値段は?郵送でも申し込めます。(感想レビュー)

【ノースフェイス】ロゴ剥がれ、プリント修理を依頼してみた。修理値段は?郵送でも申し込めます。(感想レビュー)

f:id:softcandy:20190116125706j:plain

ノースフェイスのジャケットのロゴが剥がれてきました。

これは胸のノースフェイスのロゴと、マークが剥がれてきています。

ジャケット自体に修理は必要無かったのですが、ロゴが剥げてるのが気になってロゴだけ修理を依頼しました。

ファッション性だけでなく、ノースフェイスのロゴは光に反射するので、夜間の視認性をUPする安全面において修理はしておくのが良いと思います。

ノースフェイスの直営店に再プリントの修理をお願いしました。

全く同じようにロゴはプリントできませんが、なるべく似せて修理してくれるとのこと。

修理の値段は1ケ所につき500円です。

代理店でも受け付け可能なお店はありますが、手数料を取られる場合があります。

 


スポンサーリンク

f:id:softcandy:20190116135213j:plain
修理後。

キレイにプリントされています。

剥がれていたなんて、全然わからない!

 

f:id:softcandy:20190116133901j:plain

修理前。背中のノースフェイスのロゴ。

 

f:id:softcandy:20190116134427j:plain

修理後。

背面にもノースフェイスのロゴだけじゃなくて、マークも入ってたんだ。

確かに修理前の写真をよく見たら、うっすらマークが入っていた跡がありました。

 

f:id:softcandy:20190116133918j:plain

腕のフライトシリーズのロゴ。

 

f:id:softcandy:20190116135919j:plain

修理後のフライトシリーズのロゴ。 

修理が混雑していると戻ってくるまでに時間がかかるとのこと。

通常の修理期間は約4週間(1ケ月)みてください、とオフィシャルサイトに書いてあります。

(海外修理となったものは約10週間、キャスター付きPACKは最短で4週間)

修理の間、当然ですがジャケットが着れませんのでオフシーズンに修理に出すのがおすすめです。

このとき西日本豪雨の影響で修理が混みあっており、約1~2ケ月くらい期間を見てください言われたのですが、予定よりも随分はやく半月ほどで「修理が終わりました」と連絡が入りました。

もしかしたら、修理が簡単だったのかもしれないです。

ノースフェイスの修理には何度か出してますが、いつもキレイに修理されて戻ってきますので、積極的に修理してもらうようにしています。

(修理は損なわれた機能を回復させるものであり、素材の寿命により機能回復できないものは修理ができません)

今まで直営店窓口でしか修理依頼できないと思ったら!

修理は直営店窓口でなくても郵送でも申し込めることが判明。

送料は自己負担になりますが、近くに直営店が無い人には便利ですね。

修理依頼票に記入して、記載してある住所に郵送します。

下記のサイトを参考にしてください。

 

関連サイト

THE NORTH FACE /HELLY HANSEN/macpac 修理情報 | スポーツウェア 通販のGOLDWIN WEB STORE