【ダイソン掃除機スタンド】追加購入!山崎実業 コードレスクリーナースタンド プレート (感想レビュー)

【ダイソン掃除機スタンド】追加購入!山崎実業 コードレスクリーナースタンド プレート (感想レビュー)

f:id:softcandy:20190117145548j:plain

ダイソンV10フラッフィーを注文したときにコードレスクリーナースタンド も購入したのですが、これがすごく便利で感動。

今まで使っていた「DC34モーターヘッド」もスタンドに置こうと思って追加購入しました。

今さら~!なんですが、先日に充電バッテリーを交換したところなのでまだまだ使えるはずなのです。 

コードレスクリーナーを収納したまま充電が可能です。 

 幅 22cm × 奥行 29cm × 高さ 127cm

f:id:softcandy:20190117145902j:plain

しかしDC34には収納プラケットが付属していません。

そういうダイソン時代の掃除機なんですよ。。。(笑)

ということで、並行輸入の収納プラケットを調達しました。

 

↓DC35用ですが、

DC30 DC31 DC34 DC44 DC45に取付可能です。

実際に問題なく取り付けできました。

 

 スタンドの組み立ては前回に紹介したので、ここでは割愛して、

 

f:id:softcandy:20190117150548j:plain

組み立て完成!

カラーがエヴァ1号機と2号機のようではありませんか~!?

つい最近、Amazonプライムエヴァンゲリオンが見られるようになってたので(;^ω^)

おすすめのダイソン掃除機スタンドです。

見た目もスッキリしていてお客様に見えちゃってもいいかなと思います。

オフィスでこのスタンドを利用している所もあると感想レビューを読みました。

オフィスでどう置いてるかはわからないんですが、ダイソンって「うちも使ってるよ!」という人も多くて、あえて見せた方が会話のきっかけになったりするかも。

立てかけてあると、サッと手にすることができるのでちょっとしたホコリでも掃除機をかけるようになりました。

おすすめのダイソン掃除機スタンドです。 

【ダイソン掃除機スタンド】(感想レビュー)山崎実業 コードレスクリーナースタンド プレート V10 V8 V7 V6 シリーズ対応 ホワイト 。おすすめ。

【ダイソン掃除機スタンド】山崎実業 コードレスクリーナースタンド プレート V10 V8 V7 V6 シリーズ対応 ホワイト (感想レビュー)おすすめ

f:id:softcandy:20190111014741j:plain
ダイソンV10フラッフィーを注文したので、コードレスクリーナースタンド も購入しました。

価格もリーズナブルで、2×4で自作するよりもヘッドも収納できて簡単キレイだと思います。

だいぶ前のモデル「DC34モーターヘッド」を使用しているんですが、置き場所に困ったり、ノズルパーツの収納に困って、普段使わないノズルパーツを箱に入れておいたら全く使わなくなりました。

そんな経験もあってスタンドはいるだろうと。

据え置きタイプで、壁に穴を開ける必要がありません。

賃貸の人にも便利です。

コードレスクリーナーを収納したまま充電が可能です。 

 幅 22cm × 奥行 29cm × 高さ 127cm

↓ヘッドだけ収納しておくスタンドもあります。 

 ヘッドだけ収納しておくホルダーもあります。

f:id:softcandy:20190111014502j:plain

さてスタンドを組み立てますか!

 

 

f:id:softcandy:20190111014947j:plain

パーツはこれだけ。

ネジを回せばいいだけの簡単に組み立てれるやつ!!

土台は倒れないように重量があります。

本体重量は約3300gあります。

 

f:id:softcandy:20190111015146j:plain

まずヘッドを収納できるパーツと土台をネジで留めます。

 

f:id:softcandy:20190111015344j:plain

箱の裏面に組み立て方法が掲載されていてわかりやすい!


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190111015221j:plain

ネジだけでなく、レンチも入っていたので道具を出してくる必要も無し。

 

f:id:softcandy:20190111015327j:plain

ネジの説明が丁寧なのがありがたかった!

Dのボルト×8を使っていけばいいのね。

 

f:id:softcandy:20190111015506j:plain

簡単だと思ったんだけど、ひとりで組み立てるのはちょっとコツがいりました。

片手でパーツのバランスをとりながら、ネジを差し込んで、レンチでとめるっていうのが寒くて手がかじかんでたせいもあって、なかなか上手くネジがハマらなかった!

まずは指先でクルクルって回して仮留めしようと思ってもネジが浅いので、それができず、レンチを使って仮留めする必要がありました。

普通に器用な人なら全然問題無いところで苦戦したと思います(照)

 

f:id:softcandy:20190111015740j:plain

なんとか上のパーツへと無事に進みました。

この頃には慣れて、すいすいとネジを留めましたけども。

 

f:id:softcandy:20190111015808j:plain

ネジを隠すシールで、ネジを隠すことができます。

でも、振動でネジが緩むことがあるかもしれないので貼らないほうがいいかなぁと思いました。

感想レビューでネジが緩むという感想は見当たらなかったので、大丈夫かなと思ったんですが、ニトリの折り畳み式のベッドで似たようなネジが緩むんですよ。

それで定期的に締めているのです。

掃除機を外したり、つけたりするくらいの振動なら影響ないのかも。

様子見です。

 

f:id:softcandy:20190111020306j:plain

ようやくここまで組み立て完成。

思ったよりも地味に手こずったけど、なんとかなりました、

 

f:id:softcandy:20190111020350j:plain

ダイソンの掃除機を買ったときに同梱されてた収納プラケットをつけていきます。

収納プラケットには穴が2個しかないのに、スタンドには4つある不思議。

どういうこと?

組み立て方法を見ると、各上の段を利用して、他の2段は使わないよう。

補強のためについてるのかな。

 

f:id:softcandy:20190111020520j:plain

なんだかスペースシャトルの発射台みたいになってますが、収納プラケット完了。

 

f:id:softcandy:20190111020554j:plain

収納プラケットをガバッと開けて、

 

f:id:softcandy:20190111020627j:plain

背面にコードを通します。 


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190111020652j:plain

組み立て完成!

スタンドの見た目は華奢ですが、グラグラしなくて、案外しっかりしてます。

はー、これはよく考えられてる!

こんなにしっかりしたモノができるとは!

このスタンドの山崎実業は1971年創業の奈良の企業で、モノづくりにしっかり取り組まれているのでしょう。

組み立て方法の説明書きが丁寧なことからも伺えます。

掃除機を立てかけてみて思ったのは、

 

f:id:softcandy:20190111001154j:plain

やっぱりこんな風に寝かして置いておくのは不便。

立てかけておいて、何かの拍子に倒れて破損しても嫌ですしね。

スタンドを買ってよかった!

 

f:id:softcandy:20190111020846j:plain

ハンディクリーナーにした状態でスタンドに置いてみました。

充電しながら収納するので、置く場所はコンセントの近くになります。

スタンドに置いておけば気軽に掃除機が使えるので、家族も掃除機を使いやすくなるのではないでしょうか。

ダイソン掃除機スタンドおすすめです。

【ダイソン掃除機】Dyson Cyclone V10 Fluffy(感想レビュー)

【ダイソン掃除機】Dyson Cyclone V10 Fluffy(感想レビュー)

f:id:softcandy:20190110235546j:plain

Dyson Cyclone V10 Fluffyが届きました! 

 

f:id:softcandy:20190111000604j:plain

コンパクトにみっちり梱包されています。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190111000648j:plain

5種類のヘッドが入っています。

・ソフトローラークリーナーヘッド

・ミニ モーターヘッド (布団クリーナーとしても使えます)

・ミニソフトブラシ 

・コンビネーションノズル 

 ・隙間ノズル

 壁に取り付けて立てかけておくことができる「収納用ブラケット」も入ってます。

 

ペットをグルーミングできるツールは

別売りであります。

 

f:id:softcandy:20190111001154j:plain

装着。

掃除機本体を持ち上げて掃除する必要が無いのはラクですね。

強モード、パワーモード2、パワーモード1の3種類のモードがあります。

 

f:id:softcandy:20190111001126j:plain

ソフトローラークリーナーヘッドを本体に直接装着するとハンディークリーナーとして使えます。

私はこの状態で階段掃除します。

車内の掃除も簡単です。

 

f:id:softcandy:20190111001918j:plain

ゴミの捨て方は、本体下の赤レバーをスライドさせると、

 

f:id:softcandy:20190111002007j:plain

中の赤い輪っかも一緒に動いて、前方からごみを落とせるようになっています。

でも、この捨て方だと必ずヘッドを取る必要があります。

そこは面倒じゃないかなぁ。

と思ってたんですが、実際に使ってみたところ、アタッチメントがワンタッチで外れて、思ったより簡単。

DC34は下に捨て口がついてて、パカッと開くだけでしたが「ゴミが全部落ちない」という短所がありました。

V10 Fluffyは赤レバーを引けばゴミをこそぎ落してくれます。

ただ、ゴミ入れがやや小さいようで、すぐにゴミがいっぱいに溜まりました。

マメに捨てる必要があります。

このような仕様になったのには理由があって、モーターの小型化により、サイクロンとクリアビンを90°回転させて全体を直線に配置することが可能になったんです。

これにより空気経路が直線的になり、クリーナーヘッドの吸引力が向上しています。

吸引力の向上はすぐ感じました!

パワーで「DC34の強」よりも吸引力が強いかも。

チリやホコリなどのゴミをよく吸ってくれるので弱で充分。

 

f:id:softcandy:20190111002300j:plain

ご丁寧に「約20%充電されております」のシールが貼られてます。

試運転くらいならすぐにできます。

充電は3時間半です。

少し使ってみたところ、DC34がヴォワーーーーーーーーーーーッという音だとしたら、 V10 Fluffyは、フウィィィィィィィーーーーーーーーーーーーッという音。

やや高音で、DC34より音が軽く静かだと思います。

 

弱で充分なので、音を比較するとめちゃくちゃ静かになりました。

軽量で扱いやすいのもいいですね。

以前よりも掃除をかける機会が増えそうです。